2014年05月15日

昨年11月頃の出来事


ブログ更新も長らくなかったので今更ではありますが空白を埋めたいと思い暫らく過去の出来事投稿です。
半年前の昨年11月、一昔勤め人だった頃以来の、RC造工事を引き受けました。とは言え小ちゃなポンプ室と制御室の建屋、場所は川内の山奥で2ヶ所です。当時勇んで見積りに取り組むも早速に問題にぶち当たりました…型枠大工が…鉄筋屋が…いないのです、消費増税の関係もあってか皆忙しく取り合ってくれません、仕方なく見積りだけは提出し事情を言って鉄筋型枠は元請手配にして貰うことで取り掛かることになりましたが、結局元請けも型枠大工は何とか手配が出来たものの鉄筋は加工のみとなったのです。現場での鉄筋組み立ては私と元請けの監督、手元に作業員のおばちゃんです。図面とにらめっこしながら出来あがったのが↓
IMG_1870.JPG
土木の場合建築と違って、鉄筋加工図面が記載してあり配筋図面と照らし合わせながらやれば誰でも出来ます、若干役所の加工図に問題はあるのですが、そこは現場で何とか納めます。

型枠屋もこの頃まだ忙しくベース型枠は私達3人で組ました。生コン車を控えさせ切羽詰まって配筋検査、せかせて検査を甘くさす…てなことではありません!↓
IMG_1877.JPG

養生期間を終えて脱型、埋め戻し完了↓
IMG_1904.JPG
撮影はブロック積みの上からです、後ろには祠が有り「前を失礼、無事完成しますように」と手を合わせておきました。

一寸調子良く書けませんがじわじわと慣らして復活したいと思います、本日は此処まで!


ラベル:作業中
posted by home doctor at 18:28| 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。