2009年06月25日

★ま!いっか!

去年の着手前のアコーディオン門扉
昨年の着手前おばあちゃん家のアコーデオン門扉を取り替えてからのお話し。


月初め、松山の旭町で昨年秋ごろアコーディオン門扉を取替えたお宅の玄関網戸を取付た。製品はダイキの物で私が買ってきて大工が付けた。昨年もそうだったが、請求書を出すと支払いは25日だった。おばあちゃん曰く、息子さんが25日に振り込んでくれるらしい。昨年の支払いなんかは、予定25日が翌25日に延びた。其れはそれで小さな金額な上、頂いたのだから結果いいのだが、今回も又月初めの請求が25日支払いだと言う。まるで業者さんからの支払いのようだ。私もつい「おばちゃん、今度は大丈夫?」なんて言ってしまった。頂ける事は多分大丈夫と思いながら、つい、皮肉を言ってしまった…「うん、大丈夫よ。」と返事をしたおばあちゃんに、少々(要らん事を言ってしまった)と思ったが仕方が無い…「分かりました、当日来ます。」と帰ったしだいであった。今日が集金日だが請求書を出した月初め、昨年付けたアコーディオン門扉の柱の両袖に隙間が25センチ程有り「犬、猫、人間も無理すれば入れるので潰して欲しい」と言われていたので仕度をして出向いた。約束は間違いなかったので、気持ち良く領収書を渡し、「隙間潰しときますネ!」と言うと「安くしといてね!」とご返事。(あれ?お金くれるんや!)私はどこぞの現場の余り物が出た時にするつもりだったし、またそう伝えていたのでお金を頂くつもりは元から無かった。しかもこのおばあちゃんなら「サービスして!」くらいに言うだろうと思っていたし、それで良いと思っていた…
まったくもって人の気持ちは分からない、私の感は外れていた…(おばあちゃん、見下げた評価をしていてゴメンなさい)

そんな訳で予定どうり「おばちゃん、残り物でする仕事やけんサービスにしとかい!」と気持ち良くそう言った。実際気分が良くなった。(残材でする仕事やけど綺麗にして上げよう、と思った)不思議なものだ、考えればおばあちゃんも、正直な気持ちで言った言葉だろうし、私も爪から先もお金の事は考えて無かった。両者の気持ちがかみ合ったとは、こんな事なんだろう、突然良いおばあちゃんに見えた。

結局作業に熱が入り2時〜5時まで掛ってしまった。
夕方ごろおばあちゃん出てきて「えらい手間かかったね〜」だと(ガクバッド(下向き矢印))ついでに「部屋の網戸が鼠に齧られて穴が間とるけん張り替えてくれる」と言ってくれたのは良いが、もっと纏めて言ってくれんかな〜なんて思いながら「他の所も悪い所が有るかもしれんけん、ように見て又電話して下さい」と言って帰った。

拍子くるわされる所有るけど…「ま!いっか!」って感じわーい(嬉しい顔)
posted by home doctor at 23:15| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構・エクステリア・造園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。