2008年06月20日

★在来浴室に拘ったリフォームafter

取替え浴槽グラスティスN
前の浴槽よりロングサイズ(和洋折衷タイプ/高齢者配慮浴槽)少し足を伸ばせるようになった事でユッタリ感を味わえるはず。浴槽内の容積を少し減らして楕円形になっているのは、その分コーナー部に腰を掛けて安定姿勢で入浴できる移乗スペースを確保している。またぎ寸法を抑えて深さ50cmの浅型に成っていることで、つんのめりを防げます。滑りにくい凸凹模様を施した浴槽底面、出入り様に滑って湯船におぼれる事は無いでしょう。全てはユニバーサルデザイン設計。しっとりとした光沢をもつ高級感のあるポリエステル系人造大理石素材はひと際浴室に映え、また新たな癒しの時間を満喫してもらう事が出来るでしょう
コーナーに付いた水洗の吐水口のみロングサイズに取替え
(残念ながら壁のタイルも床のタイルも古いので廃盤です。似通った色柄で辛抱して頂きました)
posted by home doctor at 18:25| 愛媛 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 浴室リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。