2008年03月17日

★「30,000円貸して下さい!」

かなりご無沙汰していましたが、ちょっと聞いてもらいたい事があったので久々の「コンニチハ!」です。わーい(嬉しい顔)

私の知り合いに内装工事を請け負っている(現在)、業界で言うクロス屋が居りまして、この男アッサリしてなかなか男らしい!?などと自分的には思って、以前の勤め先で知合い、それから今日まで何となく付かず離れず状態でした。

一昨年の秋ごろ、それも月半ば頃電話が架かってきて「どうしても要りようがあって…すいませんが三万貸してくれませんか?…来月十日に返しますんで!」と言うわけでその日の夕方、現場帰りに指定場所で会って貸しました。

その後月が替わり十日当日、電話が入り「入る金が入らんので三日待って下さい、必ずその日に入りますんで家まで持って行きます。」と…
マア三万程度でもあり、金を貸すときは遣るつもりで貸せ。とか言いますし、おまけに当初は始め書いたように何となく好意を持っていたので、それほど気にもせず「ア〜ええよ、わざわざ家までこんでもワシの口座に振り込んだんでええよ。」と軽く返してやりました。

彼が言ったとうり当日振り込まれていました。

其処までは善かったのですが、その一週間後に「すいません、今日如何しても金が要るんで三万貸して下さい。」と彼、私もチョッとムカッ!ときて「お前いったい何言いよるん!?此間戻して、早借りか!?自分の小遣いぐらい嫁さんにもらえや!貰えんのやったら借りたらエエ〜が…ワシも金無い!」と断りました…

その後当分電話も架かってこずでしたが、去年の四月ごろ電話が入り「元気ですか、今忙しいですか、自分○○会社に勤めて営業やっとります。チョッと寄らしてもろていいですか!?」  私「エエよ」
後ほどやって来て「エエ仕事有ったら廻しますんで此れからも宜しく御願いします!」と名刺をくれてすぐに帰りました。黒いスーツを着て颯爽とした印象を受けました…

其れから又しばらくは連絡も無かったのですが夏ごろ「チョッと相談があるんですけど事務所に寄っていいですか?」と、(此れは又金の事やろ〜!?)と思い「何の用事、金の事?」「そうなんですよ、他のものに頼んだんやけど金が無い言われて、社長に頼んだら(そんな相談は受け付けん!二度と言うな!)と言われて…断られると思いながら電話しました…御願いします、三万貸して下さい…」  勤め先の社長には以前から何回か借ってたらしい  「ワシも無いぞ〜第一お前が電話してくる時は金貸せ言う時だけやないか、もっと良え話持って来いや、ワシは金貸しや無い!」「親と家内を保証人にして連絡先も付けて書面で持って行きますんでどうか御願いします」…其れから何やかんや話して「そしたら此れから来いや」私も気が良えと思いながら相談を引き受けました…

本人がやって来て金を貸し、借用書を受け取り(こんな物はどうでもよいのだが、勘違いされてもいかんのでとりあえず)穏やかに説教などして帰したんですが、その時の表情は以前の生き生きとした印象は無く、かなり困っとる様子だった…
 でも私にしたらもうどうでも良いんです!

借金の話は…


其れからクロス貼りの仕事を請け負わし

おまけにゴミの処理まで面倒見てやり…

「すいません!三万貸して下さい」「エエ加減にせー!ワシはお前の都合のエエ人や無いぞ!金が有ってもお前に貸す金は無い!二度と電話してくるな!お前とはもう付合いしとう無い!」彼是言いながら「解りました」なんて事で電話切ったのですが

私は間違っているでしょうか?

それとも冷たい男でしょうか?

解りません?



ルーズな人間は嫌いと言う事が私の考え…

 

posted by home doctor at 22:10| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜び・感動・悩み・怒り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。